口臭が起こる原因はさまざまありますので、自分の口臭は何が原因で起きているのか特定できていない方もたくさんいるのではないでしょうか。
その原因の一つに舌苔があることはあまり気づいていない方もいますが、舌苔とはどのようなものなのでしょうか。

自分の舌を鏡で見た時、きれいなピンク色ではなく白くなっていることはないでしょうか。
白い舌は舌苔と言い、舌の表面には舌乳頭と呼ばれるひだのような組織で覆われていますが、その隙間に食べかすや細胞が死んで残ったものがこびりついて苔のようになってしまったものです。
その舌苔はたくさんの細菌の巣になっているのでそこから嫌な臭いが口臭として出てきてしまうのです。
喫煙をする習慣のある方は白い色の他に黄色や薄い茶色になることもありますので、注意して観察してみましょう。
舌苔の付いた舌は人と会話していても見えてしまいますし、何より口臭を伴うものなのでエチケットとしてもきれいな舌を保ちたいですよね。
また健康な人でも一時的に体調の不良などで体の免疫力が落ちると舌苔が発生することがありますが、体調が回復すれば自然と治ったりしますので安心してください。
それでも口臭の原因となる舌苔を取り除くためには、舌ブラシという舌苔を取るものがあるので毎日の歯磨きの時に舌もきれいにしてみましょう。
歯ブラシで舌をこすると舌が傷つく原因になりますので、必ず舌専用のブラシを使用するようにしてください。
舌ブラシを使うのは一日一回、起床時にするのが良いとされていますので舌に傷があったり異常が認められる時は無理に舌苔を取ることはやめましょう。
舌をきれいにする場合は、まず舌を突き出し舌苔が付いている場所を鏡でよく確認してから、力を入れずにやさしく舌ブラシを舌の奥から前に掻き出すようにしましょう。
乾いた舌ブラシですと傷つく場合がありますので、始めるまえには口の中と舌ブラシを水で湿らせてから行うようにしてください。
舌の奥の方まで舌ブラシを入れると嘔吐反応が出てしまいその先の作業が滞ってしまいますので、自分が大丈夫な位置を確認してから行うとスムーズにできます。
気になって汚れていない舌をみがいてしまうと傷になってそこに細菌が付着してしまうので、よく汚れを見てからゆっくりと舌の表面をなぞるように行いましょう。
舌はデリケートですが汚れがこびりつきやすい場所でもありますので、過度にならないように毎日チェックをしていくといいですね。

口臭は舌苔からも発生することから、歯だけではなくて舌も一緒にきれいにして口臭予防をしていきましょう。
舌ブラシも色々な種類が発売されているので、自分の口に合ったものを選び正しい使い方で毎日ケアをするといいですね。