自分の口臭は人に指摘されるまではなかなか気づくのが難しいものです。
だからこそ日頃から口臭について気を配り、自分の口の臭いを爽やかに保てるようにチェックしていきましょう。

他人の口臭はよく分かるものですが、自分の口臭はどのようにして確認したらよいのでしょうか。
口臭の原因は主に口腔内の問題によるもので、食べ残しなどから細菌が増殖し匂いが発生することがほとんどです。
簡単に自分の口臭をチェックしてみる方法の一つとして、自分の唾液を手の甲などにつけて一分程度置いてから臭いを嗅いでみると自分の口の臭いに近いものが分かります。
最初に唾液をつけていない方の手の甲の臭いを嗅いでから、次に唾液をつけた方の手の甲を嗅ぐとはっきりと違いが分るでしょう。
また新しい無臭のマスクをつけて、鼻から吸って口から息を吐きだす深呼吸をしていると自分の口の臭いが感じられてきます。
身近で信頼のおける友人や親族などに自分の息を嗅いでもらい、口臭の有無やどのような臭いなのかを教えてもらうのもよいでしょう。
歯と歯の間を掃除するデンタルフロスを使用した後に、その臭いを嗅いでみるのも分かりやすい方法の一つです。
市販されている口臭チェッカーを使用するのも、数値で表れるので口臭の強さを目で確認することができるので手軽で便利です。
みんなでお酒を飲んだ後や人と会う時など、携帯できるものなので便利ですが、どのような種類の臭いなのかまでは判断はできませんので、一つの目安にしましょう。
それから、舌をチェックして舌苔をティッシュややわらかい布で拭い取り、その色や臭いを嗅いでみることでも口臭はチェックできます。
過酸化水素水であるオキシドールの溶液を薄めて口の中でブクブクうがいをし、吐き出した溶液に泡がどのくらい立っているかでも口臭は調べられます。
口の中に細菌や膿や磨き残しの食べ物などがある場合は泡がたくさん発生しますので、それによって口臭があることが確認できます。
泡が多いなと感じたときはもう一度念入りに、歯間ブラシ等も使って歯磨きをし直すとよいでしょう。

多少の差はあるとしても誰にでも口臭は発生するものですが、虫歯や歯周病を治療したり毎日のオーラルケアによって最小限に防ぐことはできます。
エチケットとしても、なるべく他人には指摘されない前に自分の口臭に気づきたいですよね。
自宅で簡単にできる自分の口臭チェックによって自分の発する臭いに敏感になり、きれいな息を心掛けていきましょう。