誰しもが爽やかな息で他人と会話をしたいと思いますが、そのためにはどのようなケアをすればいいでしょうか。
口臭の原因となるものを理解してから、常日頃から予防の策を講じていきたいですね。

口臭の原因とされるものは大きく分けると二つあり、病的口臭と生理的口臭があるとされています。
生理的口臭というのはその名の通り誰にでも多かれ少なかれ生じるもので、起床の時や空腹時また緊張した時などに起こるものです。
これらはいずれも唾液の減少から起こるものであり、臭いガスを発生させる菌は口の中の食べ物の残りや細胞の死んだものを使い増殖していきます。
唾液があるとその菌は唾液に含まれる酵素によって活発には生きられないのですが、睡眠時などは唾液が極端に減少するために菌がはびこって口臭を作ってしまうのです。
一方、病的な口臭は鼻や喉の病気や呼吸器系の病気、糖尿病や肝臓などの病気などさまざまな原因があります。
そして何より口臭の一番の原因とわれるものは口腔内の病気の虫歯や歯周病であり、口臭の原因の九割近くが口腔内の病気なのです。
歯周病は炎症性の疾患で、歯磨きで磨き残した食べかすが歯垢となりそこから細菌が感染して発症するものです。
歯と歯肉の境い目あたりは歯磨きの磨き残しが多く、特に歯垢がたまりやすい場所であるために細菌の停滞する巣になってしまい炎症が起こり腫れや痛みを引き起こします。
さらに進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間の溝に歯垢が溜まってしまい、そこが悪臭を生み出すばかりか歯を抜く事態にもなってしまうのです。
歯周病が深く進行すればするほど膿などからくる腐敗臭が強烈に臭うようになってしまうので、酷くならないうちに歯医者で治療をしてもらいましょう。
虫歯も糖分の摂り過ぎや、歯磨きが不十分で食べ物が腐敗して歯垢が溜まり、歯に穴が開いてしまい更にそこにまたばい菌の巣ができることで嫌な臭いが発生してしまうのです。
歯周病は口の中の問題を越え、歯周病菌など口の中の細菌が全身に影響を及ぼし様々な全身疾患を引き起こすことが最近判明したので十分な注意が必要です。
その他には心理的口臭といって、自分だけが口臭があると感じて普段の生活にまで影響が出る人がいますが、専門医に診てもらうのがよいでしょう。

口臭の原因はその人の体質や環境などにもよりますが、内臓の病気や口腔内の病気が主な原因になっています。
いずれにしても毎日のオーラルケアをしっかりと行い、口の中を点検しておかしいと思ったら歯科医に相談し口臭を予防していきましょう。