大事な会合の前や人との会話の時など自分の口臭に問題はないかどうか気になりますよね。
気になる口臭は身近な食べ物や飲み物でも予防をすることができますが、どのようなものが口臭予防に効果的なのでしょうか。

果実類は食物繊維も多くリンゴにはリンゴポリフェノールという物質が含まれており、嫌な臭いの元と結合し細菌の発生を防ぐので口臭予防になります。
リンゴポリフェノールはリンゴの皮の部分に多く含まれているので、皮ごと食べるのが口臭予防のためにも健康のためにも良いでしょう。
果実類でレモンもビタミンCが多く含まれているのでお口の中の殺菌にも良いですし、同じくレモンに含まれるクエン酸は唾液をたくさん出してくれる作用があるため、口臭の減少に役立ちます。
梅干しもレモンと同じく殺菌作用と唾液の分泌を促す作用があるため効果的ですが、塩分を多く含むので食べ過ぎには注意してください。
海藻類のメカブもぬるぬるした成分のフコダインが臭いの元を包み込みますし、口の中を潤す作用もあるため乾燥によって起きる口臭も予防できます。
それからガムを噛むことで唾液が出てくるので嫌な細菌を洗い流すので効果があるのですが、砂糖を含むガムは口の中で細菌が増殖するもとになりますので無糖やキシリトールガムが良いでしょう。
また飲み物で口臭予防となるのはお茶類で、緑茶はカテキンやフラボノイドが含まれており虫歯を防いだり消臭効果もあるとされています。
飲むだけではなく緑茶を料理に使ったり、うがいをするだけでも口臭を予防することができますので活用してみましょう。
しかし緑茶にはカフェインも含まれているので過度に飲み過ぎるとカフェインの作用で唾液が出にくくなり、細菌が増殖して臭いが発生しますので適度に摂るようにしてください。
牛乳は、ニンニクなどの香りの強いアリシンの入った料理を食べた後に飲むと臭いをコーティングしてやわらげる作用がありますが、牛乳に含まれる成分が舌に残ると悪臭の原因にもなるので飲んだ後はうがいをしましょう。
そして身近ですぐ飲めるのが水ですが、一度にたくさん飲めばいいというものではなく口が乾かないようにこまめに飲むのが一番効果的です。

口臭はしっかりとした歯磨きなどのケアが大切ですが、毎日口にする食べ物や飲み物でも口臭予防をすることができます。
スッキリとした息で会話できるように、食事の時も気を遣って口臭予防に役立つ食べ物や飲み物を摂るようにするといいですね。