口臭は正しい歯磨きの仕方やこまめなうがいなどが必要ですが、口臭発生の原因には病院での治療が必要なものもあります。
実は口臭は虫歯や歯周病に掛かっていても発生するのですが、口臭を予防するためにぜひ治していきましょう。

口臭の発生する原因のもっとも多いものに、歯周病や虫歯があるのはご存知でしょうか。
特に歯周病から来る口臭はとても臭いがきついとされており、歯医者での治療をなるべくひどくならないうちに済ませておきましょう。
自分のやり方で歯磨きをいくらしていても、磨き残しがあり歯周病の菌が残ってしまうと菌が繁殖して口臭が起こってしまいます。
歯科衛生士に自分が磨き残しがあるところや正しい歯ブラシの使い方などを教えてもらい、汚れのたまりやすい場所などは細菌が繁殖しますので気を付けて磨きましょう。
プラークと呼ばれる歯垢は放っておくと数日で石灰化してやがて歯石となり、自分では取れないものとなってしまいます。
歯石は口臭の元である歯周病菌が増える巣になってしまいますので、歯石は定期的に少ないうちに歯医者で落としてもらいましょう。
歯周病が進行してしまうといろいろな症状が出てきますし、口臭も歯周病の度合いによっては強烈なものとなってしまいます。
痛みや分かりやすい症状が出ないまま進んでいってしまうのが歯周病の特徴でもありますので、口臭予防のためにも歯医者で定期的にチェックしてもらうとよいです。
また虫歯も初期のうちは知らず知らずに進んでしまいますが、虫歯も口臭の原因となりますので注意してください。
歯に穴が開いてくるとそこに嫌な臭いを発生させる菌が繁殖する元を作ってしまうので、初期のうちに治療することが大切です。
虫歯がどんどん進むと神経が死んで腐ってしまい、それを放置すると腐敗臭もきつくなって強い口臭の原因となってしまうのです。
痛みが一度出てそれをそのままにして痛みが止まったとしても、それは治ったわけではなく歯の神経が腐って行っているので決して放置しないようにしましょう。

自分の知らないうちに進行してしまう歯周病や虫歯は口臭の原因になりますので、日頃から自分でも口の中に目を向けてチェックを怠らないようにしましょう。
どちらも放置していると治療にも時間が掛かり、その間は口臭も出続けるので気になる人は早目に治療を済ませて口臭予防をしていくと良いですね。
うがいや歯磨きでは治らない虫歯や歯周病を治療することで毎日のオーラルケアが生かされ、よりいっそうきれいな息に近づくことになるのです。