口臭を気にしている人は多いと思いますが、実は大人だけではなく子供にも口臭はあります。
大人でも自分ではなかなか気づかない口臭ですので、子供の口臭予防は親が気を付けてあげなくてはいけません。

口臭の原因は大人でも子供でもほぼ同じものですが、親が対策をしてあげることで口臭予防をすることができます。
まず赤ちゃんに歯が生えてきたら、食べ残しや飲み物の成分が歯垢にならないうちに歯磨きを毎日の習慣にすることです。
歯垢があるとそこが細菌の巣となり口のいやな臭いを発生させますので、子供のうちから歯ブラシに慣れるように食べたら磨くようにしていきましょう。
子供の乳歯はエナメル質や象牙質が永久歯と比べると薄いので虫歯になりやすくなっていますので、親がきちんと管理してあげましょう。
虫歯の穴が開いたところに歯垢が溜まってしまい、臭いのもとになりますので酷くならないうちに早急に歯医者で治療をするのがよいです。
また鼻の病気で副鼻腔炎になっていると、鼻の中の空洞に膿が溜まるのでそれが原因となり口臭となることもあります。
鼻に炎症が起こることで鼻がつまってしまい呼吸を口を開けてするようになると、口の中が乾燥するので雑菌が繁殖しやすくなり口臭が発生します。
子どもの場合、単なるクセで口で呼吸をすることが習慣になっている場合もありますので、鼻呼吸が自然になるように親が導いてあげることも必要です。
唾液というのは口臭と深い関係があり、唾液の中には殺菌作用がある物質が含まれているために、唾液で口の中が潤っていなければばい菌が増殖し口臭が起こってしまうのです。
寝起きの時に口臭が気になる場合がありますが、それは生理的口臭と呼ばれ、寝ている間は唾液が減少するために口の中のばい菌が増えて発生するものです。
精神的ストレスがかかった場合も緊張により唾液の分泌が少なくなってしまうので、こまめなうがいやお水をのませるようにしてください。
これは大人も同じですが、腸内環境が悪く悪玉菌がはびこっている状態になると、食べ物が腐敗して嫌な臭いが血液と共に口臭や体臭となって表れることがあります。
子供の口臭が気になる場合は、おならや便が異常に臭くないかをチェックしてみるのも良いでしょう。
その他には何かの病気が原因となっていることもあるので、専門医に相談をしてみてください。

子供だけでは完全に歯垢を落とす正しいブラッシングができませんので、お母さんお父さんの協力が必要です。
もし正しい歯磨きの仕方が分からない場合は、歯科医師や歯科衛生士に相談して教えてもらうとよいでしょう。
親が子供の口臭を気づくことがほとんどなので、常日頃から口の中の状態をチェックして正しいケアを教えてあげることが口臭予防につながります。